トップ «前の日記(2015-10-25) 最新 次の日記(2016-05-29)» 編集

語り部日記


2015-12-18 「夕焼けの町」YouTube メイキングレポート

_ [YouTube] 「夕焼けの町」YouTube メイキングレポート


_ はじめに

 2014年から2015年にかけてのYouTube活動は、なんていうんですかね、村下音楽の真骨頂ではありますが、哀しい恋の歌..特に今年はドラマチックな恋物語という路線でやってきました。心の内面というのはとても複雑で、自分なりに解釈をするのですが、そこには到底たどり着けない村下孝蔵ワールドがあるわけです。でも最近は、すこしつかれたのかな..目に見たままの美しい景色を、そのまま美しいと感じられるような、わかりやすくて素朴な歌を、歌ってみたくなったのです。

 「夕焼けの町」は、歌人初期の作品でも特に、「美しい日本」を感じることのできる名曲です。その辺は村下さんご本人が、「歌人95」の中でも力強く語っていますよね。正直難しそうで後回しにしていたのですが、ここへきてやっと、正面から向き合う心の準備ができたように思います。歌いたいと強く思ったときが、まさに歌う時なのです。

_ 音源制作

  今回は最初から、イメージ動画にするつもりでした。いつも音源から作りますが、今回はそうではなく、夕焼けという限られた時間帯を動画に収める必要があったので、それを優先し、それ以外の時間を使って音を録りました。屋外練習でも示した通り、最初はギター一本弾き語りでいこうと思いましたが、今回は間奏のリードも入れてみたいと思い、どうせ音を重ねるならば、歌、ギターを別録りで重ねて、少しクオリティも追及してみようと考えた次第です。
  さて、音源制作ですが、まずはギターによるバッキングを録音しました。音としてもバッキングは最初なのですが、これをやっておけば曲全体の時間が決まり、夜は夜で動画編集も可能になるわけです。別録りのときギターはいつもラインで録音しますが、最初にギターの音をモニタリングした際、いつかきいたことがあるような、「ぶ~ん」という音、そうです..やっかいなハムノイズがのってくるではないですか。しかも見過ごせないレベルです。昨年、楽器屋さんに頼んでノイズ除去をしてもらったのに、時が経つとまたもどっているではないですか! 仕方ないので、例の手を使うことにしました。人体アースです。簡単に言うと、シールド差込口にアース線をからませ、そのアース線を足で踏みながら演奏するのです。これでノイズはほぼなくなるのですが、僕には苦い経験がありました。アース線をうまく処理しないと、シールドと別にぶらんぶらんに垂れ下がった状態になり、非常に見苦しい画が撮れてしまうのです。3つ目の写真がそうですが、「弟」を歌ったときの画像です。アース線が映像に映ってしまい、とても格好悪いのです。そのことを知っていたので、今回はまず、アース線をシールドに絡ませてみたのです。シールドほどの硬さがあれば、ぶらんと垂れ下がることはなく、動画にも映り込むことはありません。この作戦は、うまくいきました♪

  さて、演奏の方ですが、バッキングは思ったほど難しくありませんでした。そのかわり、今回は頑張ってリードギターをやってみたのです。リードギターについて全然よく知らないのに恐縮ですが、最低限の知識と思いつきで乗り越えました。ギターという楽器は、まったく同じ高さの同じ音が、いろんな場所に何個も存在するのです。それがよくもあり、悪くもあるのです。キーに対してスケールというものがあって、僕のキーG♭であれば、どのあたりの弦をどのように弾くのか、(要はドレミファ)大体決まっているのだということと、でもスラーを行うときもあるから、そのときは押さえるフレットと弦を別のところを使ってもよい、という単純な2つのルールでよいのだと信じて、あとは耳を頼りに音を拾いました。実際の演奏で難しかったのは、プリングオフです。ハンマリングオンから連続でプリングオフというのは容易ですが、普通に弦をはじいた後にやるプリングオフは、なかなかちゃんと音がでてくれませんね。そのあたりは動画で聴いてもよくわかると思います(^^;)最低限の知識とテクでやりましたが、完成版でのリードギター動画は、ご好評をいただきました。とてもうれしかったです。
  そしてようやく、ギターパートを取り終えたので、また別の日にボーカルを録ることにしました。いつもYouTube用に使っている部屋は北側にあり、少し薄暗いのですが、今回は「夕焼けの町」のイメージにも合うよう、またゆっくりリラックスして歌えるよう、陽のあたる場所へ移動しました。MTRごと別の部屋へ移動したのは初めてです。とはいっても、MTRとマイク、ヘッドホン程度の荷物なので、とても楽にできました。障子のある窓は南向きですので、あたたかい光が差し込んできます。効果はテキメンで、とてもリラックスした状態で録音することができました♪

以上、音源制作でした。まぁここで書いている程簡単にできたわけではありませんが、それなりに苦労して、何とか音源ができました♪

_ 動画制作

  今回つくづく思ったのは、編集作業よりも素材集めの方が何倍もたいへんだなぁということでした。さらにそのへんにあるフリー素材を使わせてもらうのと、実際に足を運んで撮り集めるのとでは、かかる時間にも雲泥の差があることを思い知らされました。それでも今回は、人の作った素材は使わないことをポリシーにしましたので、たいへんでしたが、自分の撮りたい絵を収集できたと思っています。できるだけ手軽に行けて、イメージに合うきれいな場所を探しました。以下にいくつか示しますが、4枚目はいつもの「陽だまりの丘」に近い広い農道です。遠目には小さくておしゃれな木なのですが、近くで見ると結構大きいのです。この辺りは何度かきたことがあり、僕のお気に入りの場所です。

休日のさわやかな朝でした。空には雲一つありませんでした。10時からは娘の参観日があるから、短い時間でしたが最高に気持ちのよいひとときでした。さらに自転車道がある土手の方に向かってあるいていると、なんと道の真ん中に一本だけでんっ!と花が咲いているではありませんか。もともと人が通るような場所でもないので、邪魔でもないのですが、気になって近づいてみると、驚きです..菜の花じゃないですか!!「12月の菜の花」なんか歌のタイトルにでもなりそうですが(^^)ここのところの暖冬のせいでしょうか。少しやせ細った感じではありますが、それは間違いなく菜の花でした。花に向かってだんだん近づいていく様をご覧いただきましょう♪

僕の中で、勝手なストーリーができていました。
「君は僕に会うために、ここでじっと待っていてくれたんだね。だから僕もこうして、君に会いにきたんだ。春を待てずに」..って、なんの話じゃ(^^;) まぁでもこんなところで出会えたのも何かの縁。いいことあるといいな、なんて思いながらその場所を後にしました。

_ 夕日の撮影

  「夕焼けの町」というからには、なんといっても「夕日」を録らねばなりませんね。きれいな夕日が見えるスポットがあって、立ち止まったことはなかったのですが、いつも車やバイクで通るたびに、見事な夕焼けだなぁと思っていたのです。今回の撮影のために、この場所には4回来ました。正直知らなかったのですが、特にこの時期、夕日を見られるのはほんの少しの間なのです。15:30から16:00 の間です。これを逃すと、また来週です。だから毎回、今日は夕日、今日は水面等と、テーマを決めて撮りました。
  最初は写真や動画を撮るようなやつは自分だけだと思っていったのですが、びっくりしました。毎回毎回、必ず僕と同じような人たちが10人以上来ているのです。しかも僕はただのコンパクトデジカメなのに、他の人はめっちゃ高そうな一眼レフとか持ってます。写真には写っていませんが、女性もいますよ。みな熱心です。まぁ僕と同じおっさんが多いのですが、こういう美しいものを収めておきたいと思う方たちとは、どこか通じ合えるものがあるなぁと思いました。写真にある夕日は、一番きれいだと思った日のものです。雲ひとつない空だと、確かに夕日はきれいに見えますが、この日のように、雲は少しあった方がよいですね。

_ 電車の撮影

  風景動画に電車が入ると、なんともいえず趣がありますよね。最初は近くで撮影できるということで、常磐線をとったのですが、10両編成とか、特急とか、カッコいいけど絵にならないのですよ。他を探そうとも思いましたが、この辺そんな味のある電車なんて走っていないのです。それでもよ~く考えてみると、一度見てみたいと思う路線が一つありました。千葉県流山市にある、「流山電鉄」です。なんでも今年がちょうど開業100周年とのことで、記念すべき年に見ることができました。この路線は駅が6つありますが、端から端まで乗ってもトータルわずか 5.7km なのです。Suica も Pasmo も使えません。
  週末が雨といわれていた週の平日に、たまたま休みをとって人間ドックへ行く日がありました。検査は午前中で終わるのがわかっていたので、その日その足でカメラを持って流山を目指しました。僕はまず、流山の駅から終点の馬橋まで乗ってみました。電車の中には近くの小学校の子供たちが書いたと思われる流山電鉄の絵が飾ってありました。馬橋までの間、撮影スポットがないかを確認しました。しかし線路脇にはずっと民家が続いており、なっかなかないのです。それでも、やっとのことで一か所見つけました。小金城趾駅の近くに川があって、少し広くなっているところです。全部見たけど、たぶんそこ以外の撮影スポットはないと思います。
  川沿いの写真を示します。空は晴れ渡っていて、空気も暖かく、もうずっとそこにいてもよいくらい、気持ちのよい場所でした。外から見ると、二両編成の列車というのはよいものですね。車両はきれいで近代的でしたが、なかなかいい味は出していました。

_ ひこうき雲

  最後はひこうき雲です。ひこうき雲の撮影は、最後になってしまいました。まず、最終的に採用した飛行機雲の動画は、茨城県の利根川河川敷で撮ったものです。まっすぐ一直線に続いている雲なので、ひこうき雲と考えてよいと思います。でも本当は、飛行機が動いているときのひこうき雲をとりたかったのですが、それはかないませんでした。
  なぜかというと、難しいのです。後で調べてよくわかったのですが、ひこうき雲は、撮ろうと思って簡単にとれるものではないのです。気温とか湿度とか、いろんな気象条件がそろわないとみられません。さらに、飛行機の撮影、難しいですよ~!!飛行機の動きは結構早いので、ピントを合わせている途中で遠くの方へ行ってしまったり、より高く小さい飛行機はそもそもピントが合わせにくく、奮闘しているうちに見失ったり..太陽の近くを飛んでいる飛行機の場合、その太陽がまぶしくてピントをあわせるどころじゃありません。やっとのことで飛行機をきれいにとれたところで、ひこうき雲が出ているとは限りません。


  数時間だけひこうき雲専用の時間を設けましたが、結局飛行機が動いているときの雲は撮れませんでした。しかし、以前夕日の撮影をしていたときに、たまたま見つけたひこうき雲を撮影したものがあったのです。最後の写真がその中の一枚です。実はYouTubeアップ直前まで、そのひこうき雲の動画を使う予定でした。以下に示します。
  確かに、動く飛行機から雲が出ているのですが、ちょっとイメージが違うなぁと思ったわけです。だから飛行機がなくても、上の左の写真に示したひこうき雲の方が、曲のイメージに近いので、最終的にはそちらを採用しました。
■ひこうき雲

_ 動画編集

  素材が揃ってから、やっとのことで編集作業に入ることができました。僕は動画編集に、PowerDirectorというツールを使っています。画面は左の写真です。まぁ、ツールはなんでもよいと思いますが..真ん中の写真は、オープニングのシーンですが、あるときふと思いついたのです。自然音をいれてみてはどうかと。人が多く集まる公園で、さりげなく音を録ってみるとなかなかいい感じでした。期待していたのは、「お~いこっちこっち」「もう、ちょっと待ってよ~」なんて声が入ってたらいいなぁと思いましたが、所詮妄想でした。しかし、録ろうと思って録った音声ではなく、別で撮っていた動画の中に、その声はありました。「きれいだね。きれいだね、ママ」これは使うしかない!と思いました。別で録った遠くの声(自然音)にミックスする形で、その声が埋もれないように重ねてみたところ、いい感じになりました。
  あともう一つの工夫は、ワタクシGOのナレーションでございます。ネットを調べると数千円でプロのナレーターに依頼できるようですが、お金もないので自分でやることにしました。試作版を作成していた頃、その僕の声をきいたママと娘が大笑い。バカ笑い。そんなに笑うことないじゃん(^^;)ふつうの人はそこでやめるのかもしれませんが、僕は逆に火がつきました。ナニガナンデモヤッテヤル! あらためてナレーションの音声を取り直して、少しはマシになったかなというのが、YouTubeにアップしたものです。いつかつぶやきで、ヘンな工夫を考えていると言ったのは、このナレーションのことでございます。みなさんから暖かいコメントをいくつかいただきましたが、ナレーションには誰も触れられないので、やはりみなさん、引かれたのでしょうか..(^^;)

_ 完成版

  だらだらと長くなってしまい申し訳ございません。そんなこんなで、やっとのことできました。構想も含めてざっくり3か月くらいかけたでしょうか。時間はかかりましたが、最終的にはよいものができたと思っています。YouTubeで一度見ていただいた方も、そうでない方も、せっかくこのレポートを見てくださったのですから、ぜひここで、一度見てみてくださいね。どうぞよろしくお願いします♪


_ まとめ

 村下孝蔵さんの「夕焼けの町」をカバーし、YouTubeにアップ完了しました。イメージ動画版ということで、今回はすべてオリジナルの素材で作成しました。音源の方では、初めてのリードギタープレイを入れてみました。映像と音源と、いずれも満足のできる仕上がりになりました。「夕焼けの町」は決してメジャーな曲ではありませんが、そこには歌人のいう美しい日本と、日本人の心が込められています。今回、「夕焼けの町」をカバーすることができて、本当によかったと思います。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]
_ ばってん (2015-12-18 03:10)

GOさん。僕もぼくの「12月の菜の花」に、いなげやの産直の棚でついこないだ出会いました。一束118円と小さいわりに少しお高かったけど、いつも行くカレー屋さんではサグ・サルソといって菜の花のカレーがおいしいので棚にあるだけ買って持ってってびっくりさせようと思ったら、これじゃ足りないよと言われちゃいました。黄色い電車、唯一の撮影スポットのその近くにも美味しいカレー屋さんがあるのでなんとなくわかりました。 <br>人体アースはおもしろいですね。GOさんにまだお会いする前にそのページを読んで失礼ながらおもしろい人だなと思ったことを思い出しました。動画には直接関係のない感想ばかりですみません。

_ GO (2015-12-18 21:48)

> ばってんさん <br>菜の花ってこの時期でも結構出回ってるんですね~(^^)ばってんさんの知っているカレー屋さんだと、きっと本格的なんでしょうね。人体アースはおすすめしませんが、ラインの音にノイズがのるようになると、どうしようもないんですよね。そろそろピックアップごと交換したいところですが、結構お金もかかりますし..まぁ家で録音する程度なら、こんな方法もありかと思います。コメントありがとうございました♪

_ 孝平(こうぺい) (2015-12-18 22:34)

「ヘンな工夫」ってナレーションだったんですね~(^_^) <br> <br>1回目聴いたときは、正直笑ってしまいました(^_^;) <br>でも何度か聴いてるうちに、何か味があるな~って思って、ちょっとクセになってます。(ちょっとNHKの番組っぽい) <br> <br>それにしてもGOさんのご近所には、なかなか美しい日本の風景があるんですね。僕的には船の映像が特にお気に入りです。 <br> <br>今回はプリングオフやビブラート等の小技も光ってましたね♪ギターの音にも深みが増して、すごくよかったです。 <br> <br>ほんまに画や音にこだわって作られたのを強く感じた動画でした。素晴らしい動画を1年の締めくくりに届けてくださって、ありがとうございます!おつかれさまでした。

_ GO (2015-12-19 08:13)

> 孝平さん <br>最近よく邦画ビデオを借りてみるのですが、1本借りると、他の映画の紹介とかもたくさん入ってますよね。その中には、短い時間の中で、すごくインパクトがあって、情緒あふれるナレーションがあったりするのです。以前紹介した「22歳の別れ」(本編)では、確か主人公がぼそぼそっとナレーションを入れてくるのがなんともカッコよい!! なんかそういうのが自分の中に蓄積されてきて、弾き語りカバーでもオープニングでナレーションを入れてみてはどうか、という発想にたどり着きました。ウチの女性陣や孝平さんにも大好評(えっ、違う!?)のようですが、まぁ、いつも同じよりは、ちょっと変わったことするのもよいのではないでしょうか(^^)孝平さんのいう通り、この動画を本年の締めくくりにしたいと思います。コメントありがとうございました♪

_ ジュン (2015-12-23 13:16)

好きな花は菜の花とスミレだとラジオで村下さんがおっしゃってました。村下孝蔵を弾き語る映像作成準備中に、しかも冬に道の真ん中でGOさんが来るのを待っていたかのように1本咲いていた『12月の菜の花』なんて、単なる偶然にしてはすご過ぎませんか。それ、村下さんが「どうもありがとう。これからもよろしくっ!」とGOさんに言っていた気がします。 <br> <br>PS:ナレーション、正直最初僕も「こ、これ、ゴ、GOさんだ~~!」とニヤリとしました。いやでも僕は爆笑なんかしてませんから~(本当に)!孝平さんのおっしゃるように、NHKアナみたいないい声してると思います。何度も言いますがリードギター格好いいし、これからも何かアイディアがあったら楽しみにしてます。

_ GO (2015-12-23 21:57)

> ジュンさん <br>そうなんですよ。よほど物好きでないと来ないような場所で、一応道のようになっている場所のど真ん中に花が咲いていて、しかもそれが冬に咲く菜の花だったので感動しました。実はこの時期でも咲いていることがあるのかもしれませんが、僕は一人テンションが上がっておりました。 <br> <br>ナレーションの件、触れていただきありがとうございます。思い付きではありましたが、結構真面目にやりました。さすがにプロのナレーターにはかないませんが、雰囲気は出せたんじゃないかと思っています。もちろん、爆笑もよし、しみじみ聞いてもらうもよし、とりあえず話題性はあったかなと思います♪ コメントありがとうございました。

_ タンポポ (2016-08-15 21:09)

初めて見聴きしましたが、孝蔵さん?と思うほどお声が似てて <br>ギターもすごく上手ですね♪ 私も夕焼けの町 情緒があって <br>大好きな歌です。

_ GO (2016-08-16 17:17)

> タンポポさん <br>お褒めいただき、ありがとうございます。このHPで書き込みをされる方はみなさん、村下さんのファンです。もしよろしければ、村下さんの話題を一緒に共有していただければと思います。コメントありがとうございました。