北島ファミリーの原田悠里、山口ひろみ、北山たけし、大江裕が新曲同日発売!CDショップにエールおくる

2021.4.21

北島音楽事務所に所属し、「北島ファミリー」と呼ばれて人気を集めている原田悠里(66)、山口ひろみ(45)、北山たけし(47)、大江裕(31)の演歌歌手4人が、それぞれのニュー・シングルを4月21日に同時発売したのを記念して同日、東京・池袋のCDショップ「五番街」にエールを送った。

 

原田は『港町シネマ』(発売・キングレコード)、山口は『大間崎』(発売・テイチクレコード)、北山は『風物語』(発売・テイチクレコード)、大江は『登竜門』(発売・日本クラウン)が新曲タイトルで、各カップリング曲には、彼らの師匠で歌手・北島三郎(作曲名・原譲二)が書き下ろした『ありがとうの空』(作詞・もりちよこ)をファミリー4人で歌唱した音源を収録。

 

コロナ禍の中、「北島ファミリーも心を一つにして頑張ろう」と一致団結。昨年12月に同曲の企画が持ち上がり、今年3月上旬にレコーディング。そして、各アーティストの新曲発売日が同じ日になったことから「同日発売するのであれば、この曲をファミリーみんなで歌ってみなさい」と、北島師匠から明るく元気の出る曲『ありがとうの空』をプレゼントされ、各レコード会社の協力のもとで実現した。

 

これまでもファミリー内でデュエットしたり、ユニットを組んで歌ったりした作品はあるが、ファミリーの4人が一つの作品を歌って収録するのは初めて。

 

今回は、「コロナ禍でも自分たちの作品を販売し、支え続けてもらっているCDショップの人たちを元気づけ、音楽業界全体を盛り上げたい」という思いと、北島ファミリー同日リリースを記念して、4アーティスト合同の消毒液スタンドを作成し、全国のCDショップ100店に寄贈することになったもの。

 

この日は、北島ファミリーの新曲同日発売記念パネル展(4月20日~5月2日)を開催中の「五番街」を全員で訪れ、消毒液スタンドを贈呈。同パネルの前で、それぞれが新型コロナウイルス感染症対策をしながらヒットへの意欲を燃やした。

 

『ありがとうの空』は「1年以上続いているコロナ禍の中で、北島先生が全国の皆さんに元気をお届けするようにと作曲してくださった作品です。必ず苦しいことのあとには明るい日が来るからという希望をうたった作品でして、みんなで楽しく歌わせていただきました」と原田。

 

メロディーは「演歌ではなくて、小さい子どもからお年寄りまで家族みんなで歌えるような曲です。コブシもビブラートもない、リズムのきいた楽しい作品です」と北山。

 

大江は「なかなかリズムに乗れなくて、困りましたよ(笑)。僕は、(北島)先生から『コブシを練習しろ』とずっと言われていて、今回は『コブシを取れ』と言われたので、そのコブシを取るのが大変でした」

 

山口は「今回は、みんなで同時にユニゾンで歌っています。ユニゾンは簡単なようで難しいのですが、今回の歌は、ピタッと合っているうえにそれぞれの個性も出ているので、そこもぜひ楽しみながら聴いていただきたいですね。師匠が望んでいらっしゃるように大勢の皆さんに聴いていただいて、楽しい気持ちになっていただければ、それが何よりもうれしいです」。

 

レコーディングのほうも順調に進み、30分あまりでOKが出て、終了。
原田は「楽しいレコーディングでしたね。北島先生は、ふだんはとても厳しくて、今回のように優しく、お褒めの言葉をいただいたのは初めてです。ですからわれわれも自信を持って皆さまにお披露目させていただきたいです」。

 

北山は「ファミリーって、すごいなと思ったのは、ユニゾンで歌っても呼吸とか、空気感がぴったり合うんだなと……。改めてファミリーの絆を感じました」。

 

各アーティストの新曲については、原田は「『港町シネマ』は、27年前に出したアルバムの中に入っていた私が大好きな歌でして、アレンジはとても気に入っていたので当時と同じ音源を使って、新たにいまの声でレコーディングしました。レトロな昭和のシネマの世界に浸っていただいて、そこから元気を出してもらえたらいいなという思いで歌っています。また自分の新しい挑戦になったらいいなと思っています」。

山口は「『大間崎』は、『最終出船』『悲恋半島』に続く海を舞台にした三部作の最終作でして、女性が訳ありで、その訳を察知した男性が去って身を引くという情熱的な女性が主人公の歌です。私はデビュー20年目ですが、歌を覚え立ての2、3歳のころに戻ったつもりで、声を前に出すところから作曲の岡千秋先生にレッスンしていただきました。私にとっての意欲作、勝負作です」。

北山は「『風物語』は、北の海で、ニシン漁で働く人たちを描いた作品でして、100年以上続くニシン漁がいまも変わらずにその風が吹いているという歌です。今回は、浜圭介先生に作曲をお願いしたのですが、子どものころから先生の作品が大好きで、その世界観を歌いたいなと思って10年前から曲をお願いしていたのですがなかなかチャンスがなくて、ようやく10年越しの念願が叶い、浜先生の世界観がたっぷりと詰まった作品になっています」。

大江は「『登竜門』は、昔からの伝説で、大きな川を多くの鯉が泳いでいるのですが、なかなか滝の上まで登れなくて、たった一匹だけが上にたどり着くことがあるんです。そうすると上から鯉が竜に代わって降りてくる、いつか見ていろという男の勝負の歌です。僕は鯉で、竜は(北島)先生だと思っていますが、先生から『大きなタイトルに負けずに頑張って歌っていけよ』と言われましたので、僕も負けずに歌っていきたいです」と話していた。

5月28日から同30日まで福岡・博多座、6月25日から27日まで大阪・新歌舞伎座で「北島三郎ファミリーコンサート 2021」が開催。その舞台で『ありがとうの空』を披露するそうだ。

(提供:サンニュース)

関連キーワード